新亜光学工業株式会社が信頼されているのは実績と社員のスキルの高さ以外にある?

新亜光学工業株式会社がハイクオリティな製造を維持できる理由

新亜光学工業株式会社が多くの企業から信頼を得ている理由は?

様々な光学製品の開発や製造をしている新亜光学工業株式会社。時には特許取得を目指す研究も行います。各種作業を進める際、光学分野に詳しい社員だけでなく輸送や製造などの他部署の社員からもアイデアを汲み取ります。社内だけで幅広い視点からアイデアが出ており、ハイクオリティな製造に活かされています。

精密機械や部品の製造過程について

精密機械や部品を製造する際、細かな作業は欠かせません。納期の問題もあるから急ぎの対応にも応じられる手先の器用さは求められますが、速さ重視の作業をすることでミスが生じても時間のロスが起こります。新亜光学工業株式会社では、最大限時間のロスが発生しないための環境づくりを徹底しています。

輸送も妥協しない新亜光学工業株式会社

カメラ製品やケーブルをはじめ、少しの衝撃で壊れやすい精密機械を製造している新亜光学工業株式会社。輸送は自社社員がしており、社内での情報交換も欠かしていません。また、相手企業へも長年顔見知りな人が来てくれると、安心感を与えられます。賢く活用して、ハイクオリティーな製造にも繋げているようです。

開発から製造に至るまで

2014年の光量調整装置をはじめ、複数の特許取得実績を持つ新亜光学工業株式会社。研究や開発のスキルの高さに定評がありますが、お客さんに商品配送を完了するまで妥協をしません。その分、ハイクオリティな製品づくりへと活かされています。社員は、光学製品に関する情報収集を徹底しています。光学分野の専門書以外に報道番組、時には経済番組や雑誌レベルからも情報を仕入れます。そこから研究や開発に繋げて、ニーズに合った製品づくりを心がけています。

時には、国内外の他企業から情報収集をする場合があります。とはいえ、新亜光学工業株式会社のブランド力だけでは、情報提供をしてもらえないでしょう。却って相手に警戒感を与えてしまい、信用の面でマイナスとなりかねません。社員は可能な範囲で相手に自社の情報を提供しますが、相手が求めていることへの確認も欠かしません。何気ない会話でも一言一句汲み取りながら、ニーズに合う情報を伝えます。信頼関係ができることで新亜光学工業株式会社のブランドが活きて、ビジネスの面で双方がwin-winな関係になれます。

また、精密機械はデリケートな製品である分、輸送時に少しの衝撃や温度管理のミスが出ると不具合が生じることがあります。新亜光学工業株式会社は、自社社員がトラックや船舶を用いて輸送を行います。

その他、社員のスキルアップや健康管理への徹底を欠かしていません。一人ひとりの社員を大切にしていることも、長年新亜光学工業株式会社が信頼されているポイントです。